2016年11月29日

♯肌寒い季節到来~((+_+))♯

郡山タウン形成外科クリニック
♯肌寒い季節到来~((+_+))♯
 
皆さん初めましてこんにちは
人生で初となるブログを書かせて頂きます 郡山院のピコ太郎です(^^♪
今のブームに必死にのってます(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
さてさて、私の話は程々にしておきまして、今から真面目な話をしようと思いますね~( ´∀` )
もぉ11月下旬です・・・・今年も終りに近づいています
しかも肌寒い季節という悲しい現実😢😢😢
そこでこれからの季節は保湿ケアが重要になってきます
冬は肌が乾燥しやすい季節。保湿ケアで肌にうるおいを与え、みずみずしいクリアな素肌を保つ事が大切なんです。低温で乾燥した気候では肌のバランスが崩れやすく、肌がくすんだり、疲れてみえる事もありますウワァァ━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━ン!!
そのうえ乾燥肌が続くと男女問わずですが、小ジワの原因に・・・(( ノД`)シクシク…
 
☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜★─☆。o゚。★─☆。o゚。☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜★─☆。o゚。
 
そんな現実と向き合うために皆さん&私にも朗報があります( *´艸`)
当院でスタッフも愛用しているドクターズコスメの紹介をしたいと思います
皆さんは日頃どのような化粧水や乳液を使用していますか⁉⁉
多くの方はお手頃のものですませたりとお肌のケアをしっかりされていない事をよく耳にします
また、洗顔後はしっかり化粧水→美容液→乳液を行いお肌のお手入れは完璧という方も多くいます。それなのに、「カサカサする」「つっぱる」…といった症状がある。それはお肌の水分も油分も少ない証拠なんですそれが【乾燥肌】なのです
その為に紫外線などの外的刺激に弱く肌のトラブルを起こしやすい状態です
上記でもお話しましたが、放置してしまうと小じわやくすみのもとになってしまいます
気にせず過ごしていると、老け顔になっていくわけです
また、酷くなると洗顔もできなくなる程の赤みや肌がヒリヒリするといった乾燥の敏感肌になることもあるので、しっかりとしたスキンケアを行う事が大切に
 
このような事にならないためにも、日常生活から短時間だけ自分のお肌を労ってあげる事が重要になってきます
では、乾燥肌対策をどうしたらよいのか、また自分に合う化粧品はどのようなもので、どんな成分がよいのかという疑問もありますよねヾ(o・д・)ノ☆゚+.  
 
では、ここからはお肌のケアについて
 
①  クレンジングは皆さんどのようなモノでどのように使用していますか
洗浄効果の強いクレンジング剤や洗顔剤で洗いあげる,そして角質を取り除くために洗顔の回数も多く しかも【こすりすぎ】ていませんか
その行為は・・・・特に乾燥肌の最大の原因の一つとも言われています
また、クレンジングや洗顔料は合成界面活性剤が多く含まれて、皮脂膜と角質層に大きな負担を与えます。擦りすぎると角質を傷つけ肌の水分量も低下させ、シミ(肝斑)が出来るということです
実は私も洗顔の仕方が解っていなかったので目尻から頬に肝斑があります(♛ฺД♛ฺ)ゔ〲〰ゔ〲〰
お肌に優しいクレンジングジェルの使用をオススメします
当院のクレンジングジェルは油分100%カットで脂溶性なので素早くメイクも落とせます使用感はお肌に優しく洗いあがりもさっぱりとします
洗顔フォームも保湿成分配合で、しっかりとしたボリュームの泡で弾力性があり、古い角質をこすらずに取り除きます
本当にびっくりするほどにフワフワで肌ざわりがいいですよ~(。→∀←。)キャハ
②  化粧水&乳液
洗顔後には、しっかりお肌に水分を入れてあげることが大切です
化粧水も乾燥からお肌を守る水溶性の成分入りのものがいいですね~
ヒアルロン酸、コラーゲン、天然保湿因子等の無香料、無着色のものが理想で、高保湿セラミド配合、ビタミンC誘導体がお肌に必要な成分と言えます
保湿ケアも乳液タイプのものやジェル、クリームといったさまざまな種類があると思いますが、セラミド配合のものがいいです保湿成分をお肌に届け、お肌にハリと潤いを与え今年の乾燥肌を乗り切りましょう
ちなみに、ピコ太郎のお勧めは、ビタミンCローションです
以上今回はこのようなお話で、また次回ブログを書きたいと思います
郡山院スタッフ皆さんのお越しを心よりお待ちしております


o1.jpg
posted by town-keisei at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする